サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

フェッドバッチの強化

現在、すべてのアップストリーム細胞培養バイオプロセシングの半分以上がフェッドバッチモードで運用されており、プロセスの強化は、スループット、生産性、および容量の向上に向けた重要なプロセスです。

詳細情報をリクエストする

フェッドバッチ強化の利点

強化により、フェッドバッチモードでのオペレーションを維持しながら、より多くの生成物を迅速に提供できます。プロセスを強化することで、より高い生細胞密度、より高い生成物力価を達成し、スイート時間を短縮できます。生産性の向上、バイオリアクターの小型化、採取までの時間短縮によるバッチ数の増加により、プログラム開発を加速し、施設拡張のリスクを軽減することができます。 

  • スループット、生産性、容量を向上
  • 設備利用率の最大化 
  • ROIの高いビジネス上の意思決定を実行

xCell ATF®フェッドバッチアプリケーションは、さまざまなバイオプロセシング段階で直面する特定の生産性とスループットの課題に対応します。フェッドバッチプロセスにおける生産性とスループットを最大化するために、RepligenはxCell ATF®テクノロジーを使用してN-1灌流とHigh Productivity Harvestを最適化しました。

フェッドバッチ強化アプリケーション

N-1 Perfusion
シードトレインの強化

N-1灌流はシードトレインの強化の重要な部分であり、生産バイオリアクター(N)の前のステップの強化を指し、xCell ATF®などの細胞保持装置を使用することで、高い細胞密度および生存率が得られます。生産バイオリアクターに高い細胞濃度で接種すると、バイオリアクターのターンアラウンドタイムが短縮されます。 

  • 短い時間で同量の生成物を採取可能 

  • スループットの向上: 分子生産の増加、年間バッチ数の増加

N-1 Perfusion

シードトレインの強化

High Productivity Harvest(HPH)

 

High Productivity Harvest(HPH)は、0.2µmで浄化された生成物ストリームを生み出すことで生産性を高め、遠心分離と深層ろ過の両方の必要性を排除します。HPHは、xCell ATF®もしくはkrosFlo® TFDF®のような細胞保持装置を利用しており、これは、ピーク細胞密度に達した後にフェッドバッチバイオリアクターに接続されます。 

  • 生産性の向上: バッチあたりの生産性増加 

  • 高力価で複数回の採取が可能 

  • 遠心分離やデプスフィルトレーションが不要 

高い生産性を実現

n-1とHPHの組み合わせ

 

N-1灌流とHigh Productivity Harvestを1つのプロセスで組み合わせることで、より少ないスイート時間で高い細胞密度と高い製品力価を得ることができます。この用途では、半分の時間で最大2倍の生成物を生成できます。   

  • 設備のスループットの向上: 分子生産の増加、年間バッチ数の増加  
  • 設備の生産性の向上: バッチあたりの生成物の増加  
  • 遠心分離やデプスフィルトレーションが不要