サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

動的透析

動的透析は、流体力学を利用して精製効率を高め、大量のバッファー処理を実現する画期的新技術です。壊れやすいタンパク質、粘性流体、ヒアルロン酸などのポリマーゲルの製造に最適です。これらのクローズドな高効率システムでは、手作業でのバッファー交換や処理中サンプルの操作なしでも高濃度勾配透析が実現できます。

Lab-scale dynamic Dialysis

To dialyze small 8- 30 ml volumes of delicate samples, dynamic dialysis is achieved by mounting the Spectra/Por® Tube-A-Lyzer onto the support rack of the KrosFlo® Research I Pump System, The system can be operated as a single unit or in parallel when multiple units are combined using a coupling bracket into a multi-unit device. 

Lab-scale dynamic dialysis

Process-scale Dynamic Dialysis

At process-scale, dynamic dialysis is used for the purification of macromolecules, proteins, nanoparticles, biomolecules, polymers (polypeptides, polysacharide, oligos), virus for vaccine and delicate/shear sensitive species. It is also ideal for the purification of viscous fluids and hydrogels (hyaluronic acid – HA) that cannot be filtered. 

Process-scale dynamic Dialysis

透析膜

Repligenの透析メンブレンには、バイオテックグレードのメンブレン、スタンダードグレードのメンブレン、カスタムのメンブレンがあります。いずれのメンブレンも、ラボスケールとプロセススケールの両方のオペレーションに適用可能です。

透析膜