サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

治療クラス別

タンパク質治療

タンパク質治療薬の開発と製造は非常に複雑なプロセスです。タンパク質治療薬ワークフローには、プロセス開発と商業製造の両方において、細胞の最適化、細胞培養、採取、精製、製剤、充填および仕上げが含まれます。

このクラスには、次のバイオプロセシングが含まれます。 

  • モノクローナル抗体
  • 抗体フラグメント
  • Fcとアルブミンの融合体
  • 血液因子
  • タンパク質ベースのワクチン

タンパク質治療

遺伝子治療

遺伝子療法、遺伝子改変細胞療法は、治療用DNAを患者の細胞に送達することによって疾患を治療します。臨床解釈を効果的に行い、商業化を実現するために、バイオプロセシングに関わる人々はベクター生産のスケーラビリティに多大な労力を割く必要があります。

このクラスには、次のバイオプロセシングが含まれます。

  • プラスミドDNA
  • ウイルスベクター(遺伝子治療または細胞治療の原料として)

遺伝子治療

ワクチン

哺乳類または昆虫の細胞を使用したワクチン製造は、従来の卵を使用したワクチン製造システムの限界を克服する新たな方法です。このような新しいシステムには、新規かつ迅速で柔軟性の高い製造ソリューションとプロセスが必要です。

このクラスには、次のバイオプロセシングが含まれます。

  • 全粒子ウイルス(動物および人間)
  • ウイルス様粒子

ワクチン

高分子

薬物送達担体としての使用が増えており、このクラスには次のバイオプロセシングが含まれます。

  • 全粒子ウイルス(人間と動物)
  • ウイルス様粒子(VLP) 
  • プラスミドDNA
  • エキソソーム

高分子

抗体薬物複合体(ADC)

抗体薬物結合体(ADC)は、生物学的に活性な薬物化合物とそれに結合された抗体から構成される、新しいクラスの強力なバイオ医薬品です。これらの新規標的薬剤は、腫瘍特異的であるが十分に細胞毒性がないモノクローナル抗体(mAb)の特異性、特性、抗腫瘍活性と、毒性が強すぎてそれ自身では使用できない細胞傷害性低分子薬の強力な細胞殺傷活性を組み合わせています。

抗体薬物複合体