サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

抗体薬物複合体

抗体薬物結合体(ADC)は、生物学的に活性な薬物化合物とそれに結合された抗体から構成される、新しいクラスの強力なバイオ医薬品です。

ADCのプロセスフローとアプリケーション

これらの新規標的薬剤は、腫瘍特異的であるが十分に細胞毒性がないモノクローナル抗体(mAb)の特異性、特性、抗腫瘍活性と、毒性が強すぎてそれ自身では使用できない細胞傷害性低分子薬の強力な細胞殺傷活性を組み合わせています。

プロセスにはmAbベースのタンパク質の増殖と精製を伴うため、ADCバイオプロセシングは通常のタンパク質治療と同じワークフローから始まります。このフェーズの後、ADC開発のためのステップがさらに実施されます。

 

 

複合体 ►

 

薬物は精製された抗体に化学的に結合
 

用途
抗体比

Repligenのソリューション

 

精製 ►

 

樹脂スクリーニング
ポリッシュクロマトグラフィー
スケールダウン検証
タンジェンシャルフローフィルトレーション
分析
 

用途
Pre-packed columns
UF/DF
抗体比

 

製剤 ►

 

フィルタースクリーニング
タンジェンシャルフローフィルトレーション
分析

Repligenのソリューション​​​​​

 

充填/仕上げ

 

分析

用途
抗体比

Repligenのソリューション