サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

Repligenの歴史


1981年から業界をけん引

1981年からRepligenは、現代のバイオプロセシングの進歩をインスパイアする画期的テクノロジーを提供してきました。Protein Aリガンドの開発から始まったRepligenは、柔軟で、構成可能で、高性能なソリューションを開発することにより、バイオプロセシングツールに特化したリーディングプロバイダになりました。

2010年、Repligenは研究開発におけるイノベーションや戦略的買収を実施した結果、急成長の時代へと突入しました。この成長は、2012年にRepligenがバイオプロセシング製品とシステムを中心として進めていくという戦略的決定を下したときに加速しました。2018年、Repligenは米国で最も急成長している企業トップ100に選ばれました。この成長は今日も続いており、Repligen製品のテクノロジーリーダーシップと、常にお客様を第一に考えるという弊社の取り組みがこの成長をけん引しています。

Explore our technologies and products

 

Repligenの成長

創設者

Repligenは、科学技術分野における画期的進歩を開拓した2人の著名な科学者によって、1981年に設立されました。

 

Alexander Rich was co-Chair of the Repligen Board of Directors until 2014.  He was a Professor at the Massachusetts Institute of Technology since 1958. Considered a founding father of the field of molecular biology, he received the National Medal of Science in 1995.  He passed away on April 27, 2015 at the age of 90 years old.

Paul Schimmel is the Ernest and Jean Hahn Professor at The Skaggs Institute for Chemical Biology at The Scripps Research Institute. He was formerly the John D. and Catherine T. MacArthur Professor of Biochemistry and Biophysics in the Department of Biology at the Massachusetts Institute of Technology. His principal scientific contributions include the discovery of “The Second Genetic Code" and expansion of the functional genome.