サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

成長因子

 

Repligenの細胞培養サプリメントでは、動物質を含まないプロセスを維持しながら、血清由来のサプリメントの利点を得られます。

細胞培養の成長と生産性を最適化することは、細胞培養の拡大における主要な目標です。

歴史的にも、細胞培養培地への添加物として血清は最も一般的なものでした。血清は、ホルモンや成長因子などの必須成分を加えてくれます。しかし、由来の分からない動物質は、外来物質による汚染の重大なリスクをもたらします。 

無血清製剤は科学的に定義されていますが、酸化ストレスや細胞死の増加を示しています。成長因子はそのストレスを緩和することができ、無血清培地製剤で多数の細胞株の長期的な成長や増殖のために必要です。

一般的な細胞成長因子

細胞培養用途専用に製造された組換えタンパク質は、化学的に定義された培地の生産性を高めることが実証されています。手法は明確に定義されており、安全なサプライチェーンにて、厳しいGMP品質条件に従って製造されています。一般的な細胞成長因子は、以下の2つです。

インスリン

インスリンは、数多くの細胞種の無血清成長を促進します。インスリンの低い効力は、独自の受容体ではない、IGF-I受容体を介したシグナル伝達に起因しています。IGF-I受容体の活性化が、強力な増殖、抗アポトーシス経路を媒介することが実証されています。

LONG®R3 IGF-I

LONG®R3 IGF-Iなどのより強力な成長因子は、IGF-I受容体をより高い特異性で標的化し、活性化します。LONG®R3 IGF-IによるIGF-I受容体のより効果的な活性化でタンパク質の補給が大幅に減少するため、ダウンストリームプロセスへの潜在的な影響が少なくなります。

LONG®R3IGF-I細胞培養サプリメント

LONG®R3 IGF-I細胞培養サプリメント

LONG®R3 IGF-I(LONG R3)は、ヒトインスリン様成長因子-I(IGF-I)の組換え類似体で、主として細胞培養パフォーマンスの向上のために開発されました。細胞培養において、インスリンよりも200倍強力で、2倍安定しています。

LONG®R3 IGF-I

LONG® EGF細胞培養サプリメント

LONG® EGF細胞培養サプリメント

LONG® EGFは、規制当局が承認した細胞ベースの治療で使用される、ヒト上皮成長因子(EGF)の組換え類似体です。ネイティブEGFや組換えヒトEGF(hEGF)に相当する代替品として、治療用細胞培養用に使用するためのサプリメントとして開発されました。 

LONG® EGF