サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

スクリーニングとサンプル調製
OPUS® MiniChrom®プレパックカラム

 

OPUS® MiniChrom®カラムは、ベンチスケールの樹脂スクリーニング、プロセス開発、サンプル調製用に設計されています。

プロセス開発用のプレパックカラム

ベンチスケールの樹脂スクリーニング、プロセス開発、サンプル調製用に設計されたOPUS® MiniChrom®カラムは、ユーザーが指定した樹脂があらかじめ充填されており、あらゆる液体クロマトグラフィーシステムですぐに使用できます。柔軟なカラム寸法構成(内径、ベッド高、体積)により、プロセスパラメータの比較評価と樹脂ライブラリのカスタマイズ構築が可能です。

OPUS® MiniChrom®プレパックカラム

2007年以来、30,000を超えるOPUS® MiniChrom®カラムが、さまざまなプロセス開発プロジェクトや、さまざまな樹脂ベンダーの樹脂サンプリングに使用されています。部品番号とシリアル番号を含む個々のレーザーラベリングにより、対応するパフォーマンスデータへのトレーサビリティを確保しています。 

  • ユーザー指定の200種類以上のクロマトグラフィー樹脂がプレパックされています
  • 8種類のカラム寸法
  • プロセス樹脂の高い性能を実現するために、適正な圧縮率での充填手順の定義と文書化
    • HETPの一貫性をおよそ5にまで低減
    • 非対称性は1.1から1.2で安定
    • 最大30バールの耐圧性
  • 一般的な液体クロマトグラフィーシステムすべてに対応 - 1/16" メスコネクタ
  • 個々のカラムの分析証明書(CoA)はご請求ください

樹脂の一覧を見る

利用可能なフォーマット

     

内径

ベッド高さ カラム容量
cm mm cm   mm ml  
0.5 5.0 1.0 10.0 0.2  
0.5 5.0 2.5 25.0 0.5  
0.5 5.0 5.0 50.0 1.0  
0.8 8.0 2.0 20.0 1.0  
0.8 8.0 5.0 50.0 2.5  
0.8 8.0 10.0 100.0 5.0  
1.13 11.3 5.0 50.0 5.0  
1.13 11.3 10.0 100.0 10.0  
OPUS MiniChromカラム

内径xベッド高さ(cm)

利便性

すぐに使用できるプレパックカラムを用意

柔軟性

ユーザー指定のプロセス樹脂で充填。あらゆる液体クロマトグラフィーシステムとの互換性

可変構成

内径、ベッド高、およびカラム容量の構成により、特定のプロセス開発ニーズに合わせたカスタマイズが可能

高い再現性

プロセス樹脂バッチからバッチまで信頼性の高い性能

幅広いスケーラビリティ

最大容量10 ml。3種類の内径

優れた費用対効果

小さな構成により、必要な材料が削減され、貴重な樹脂サンプルが節約されると同時に、より大きな分取カラムやプロセスカラムと同様の性能が得られます

 

Repligenは、ISO 9001品質管理システムに基づいて、バイオ医薬品業界向けの製品を開発・製造しています。高品質で安定した、堅牢な製品をタイムリーに提供し、お客様の事業継続性を保証することを重視しています。

Repligenの製造拠点について

実証済みの用途

プロセス開発

  • 樹脂スクリーニング/条件スクリーニング
  • パラメータ最適化

特定の分子の精製ワークフローの開発には、各クロマトグラフィーステップの樹脂と使用条件の評価が必要です。

スケールダウンクロマトグラフィーカラム構成を使用すると、効率とスループットが向上します。OPUS® MiniChrom®カラムの性能は、より大きなカラムの性能と同等であり、信頼性の高い予測可能なクロマトグラフィー性能データを提供します。これらの小さなスケールダウンカラムをプロセス開発に使用することで、貴重なサンプル、コスト、リソース、時間を節約できます。

結果は、使用した樹脂の樹脂ライブラリに保存できます。

Scharlらの10年間のタンパク質クロマトグラフィー用プレパックカラムの性能パラメータのトレンド分析。Journal of Chromatography A、1465(2016)63–70。

サンプル調製/プロセス分析技術(PAT)

  • タンパク質量が増大

バイオセラピーの開発と製造には、インプロセス中間体の分析特性評価を多く行う必要があります。非精製サンプルは、分析を行う前にサンプル調製が必要です。OPUS® MiniChrom®カラムで、複数サンプルを一度に並行して精製することができます。

OPUS® MiniChrom®カラムを使用すると、実行ごとに8〜400mgのサンプルが生成されます。

OPUS MiniChromカラム

仕様

カラム内径

5 mm

   

8 mm

    11.3 mm  

充填後のベッド高さ

10 mm

25 mm

50 mm

20 mm

50 mm

100 mm

50 mm

100 mm

カラム容量

0.2 mL

0.5 mL

1.0 mL

1.0 mL

2.5 mL

5.0 mL

5.0 mL

10.0 mL

中空部断面積

0.2 cm2

   

0.5 cm2

   

1.0 cm2

 

コネクター

フィンガータイト1/16"、メス(10~32)

カラムの素材

ポリプロピレン

化学的安定性

一般的に使用されるすべての水性バッファー、pH 1〜14、有機溶剤*。
ハロゲン化有機溶剤、ヘキサンは使用しないでください

カラム保存溶媒

AIECおよびCIECカラム: エタノール20% + 150 mM塩化ナトリウム
HIC、SEC、アフィニティ、および MMCカラム: エタノール20%
CHT、CFTカラム(Bio-Rad): エタノール20% + 10 mMリン酸ナトリウム、pH6.8
ProSeP®カラム(Millipore): ベンジルアルコール1% + 0.1M 酢酸ナトリウム、pH 5.1

推奨 保管温度

AIEC、CIEC、HIC、SEC、MMC: +4°C~+30°C
アフィニティカラム: +2°C~+8°C

動作温度

+4°C~+30°C

最大動作 圧力

最大30バール

流速

16~1000 cm/h**

ラベリング

各カラム本体にレーザーエッチング。ラベルの内容:

  • 製品番号
  • シリアル番号
  • 樹脂名
  • カラム寸法(内径x H、V)
  • フロー方向

*充填したクロマトグラフィー樹脂の化学的安定性も考慮する必要があります。詳細については、メーカーの樹脂仕様を参照してください。