サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

Protein Aリガンド

 

1985年以来、Protein Aリガンド製造を先導しています。
世界の商用モノクローナル抗体のほとんどは、Repligen社製のネイティブおよび組換えProtein Aリガンドを使用して精製されています。

Protein Aリガンド製造のリーダー

Protein Aは独自製品の重要な構成要素として、バイオ医薬品精製プロセスで毎日使用されており、関節リウマチ、乳がん、多発性硬化症などの疾患に対する重要な画期的な薬の安全かつ効果的な製造を支援しています。

1985年以降、Repligen Protean Aリガンドは、小規模から大規模の精製および免疫沈降剤として、または独自の製品の製造における重要な原材料としてそれらを使用するOEMパートナーによって使用されてきました。  

組換えProtein Aは、 大腸(E. coli) で発現される一方、ネイティブのタンパク質は黄色ブドウ球菌から抽出されます.Repligenは、Protein Aリガンドを提供するE. coliの発酵と精製プロセスの最適化における専門知識を活用して、非常に高い発現レベルとダウンストリーム精製における高収率を実現します。

RepligenはProtein Aリガンドを、ミリグラムからキログラムの量で供給します。  

Repligen develops and manufactures products for the biopharmaceutical industry under an ISO 9001 quality management system.  We focus on the timely delivery of high quality, consistent and robust products, to ensure business continuity for our customers.

Repligenの製造拠点について

NGL-IMPACT™ A Protein Aリガンド

NGL-IMPACT A™ リガンドは、キャプチャクロマトグラフィー用の高性能、低コストのProtein A樹脂を提供できる、画期的なソリューションです。

NGL-Impact™ Aリガンドは、Navigo Proteins社と2年間にわたって共同開発され、野生型Protein Aのシャッフリング、スクリーニング、多量化などの一連のプロセスを経て開発されました。その結果、市場をリードするリガンドとなり、より優れた結合能力、苛性安定性、溶出性を有する捕捉樹脂の必要性に応え、コスト削減とプロセス経済性の向上を実現します。

NGL-IMPACT™ Aリガンド

rSPA - ネイティブ組換えブドウ球菌Protein Aリガンド

Protein Aリガンド

rSPA –ネイティブ組換えブドウ球菌Protein Aリガンドは、Repligenから入手できる最も先進的な非変異型Protein Aリガンドです。ネイティブProtein Aに対する性能と純度、優れた経済性とサプライチェーンセキュリティの組み合わせにより、rSPAは、すべての新しいProtein Aリガンド用途において自動的に最初の選択肢となります。

  • 黄色ブドウ球菌から供給されたネイティブProtein Aと、アミノ酸配列と分子量が同じ
  • 動物質を含まない原料で製造
Protein Aリガンド

srPA50とrPA50 - レガシー組換えProtein Aリガンド

srPA50リガンド

srPA50リガンドは大腸菌で生成されます。このリガンドは、Repligenの元の組換えコンストラクトと同じです。これは、5つすべてのIgG結合ドメイン(E、D、A、B、C)を持つrPA50と完全に一致する配列です。rPA50の前にある「s」という表記は、タンパク質srPA50が大豆ベースの動物質を含まない発酵培地で製造されていることを示しています。

rPA50リガンド

正式な廃止の通知により、2016年6月23日に製造を中止しました。 

今後のrPA50の注文はすべて、同等製品であるsrPA50に置き換えてください。

Protein Aリガンド

ネイティブProtein Aリガンド

Protein Aリガンド

ネイティブProtein Aは、粗タンパク質混合物からIgGを単離するために使用される精製リガンドです。これは、IgGのFc領域に高い親和性で結合します。セファロースなどのマトリックスに固定化された場合、Protein A(ネイティブ)は、粗タンパク質混合物からIgGを分離するために使用できます。

ネイティブProtein Aは、純度、再現性、結合能力、特異性、およびダウンストリームプロセスの品質に不可欠なその他の重要な指標に関して、製薬会社の最も厳しい要求を満たしています。

  • 信頼できる性能: IgGへのFc特異的結合
  • 保証純度: SECによる純度95%以上
  • 活性: IgG結合活性95%以上
  • hIgGアフィニティでは精製されない
  • cGMPに従って製造