サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂

 

Protein A樹脂のお手頃な選択肢であるCaptivA®樹脂は、従来の樹脂の数分の1のコストで、業界標準の結果を実現します。

ダウンストリーム精製用Protein Aアフィニティ樹脂

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂は、業界標準の架橋アガロースビーズと、組換えProtein Aの世界的大手メーカーであるRepligenが製造する組換えネイティブブドウ球菌Protein A(rSPA)の組み合わせからできています。

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂

ベースマトリックス
4%高架橋アガロースビーズ

粒子サイズ
45-165 μm

リガンド

  • e.coliで発現した組換えネイティブ黄色ブドウ球菌Protein A(rSPA)
  • ネイティブのProtein Aと同等の組換え型
  • 5つの免疫グロビン結合ドメイン(E、D、A、B、C)をすべて含む
  • 還元的アミノ化による並行使用で多点結合を実現

動的な結合容量
滞留時間6分で44 mg hIgG/ mL

Protein Aの浸出量
< 10 ng/mg IgG

苛性安定性
0.1M NaOHで100サイクル

推奨流速
30-300 cm/hr

推奨pHおよび温度安定性
動作:
3-10
定置洗浄: 2-11
温度安定性: 4-40C

業界で定評あり

3つの商業プロセスおよびパイプライン拡張(フェーズ1~3) 

信頼できる性能

高い動的結合能力、30〜40 mgs / ml
Protein Aの浸出量が少なく、IgGは10ng/mg未満 

優れた費用対効果

従来の樹脂の3分の1のコスト、OPUS® カラムにプレパックされている場合はさらにコスト削減可能

安全なサプライ

世界トップクラスの組換えProtein Aメーカーによる、20年以上にわたるサプライチェーンの信頼性

OPUS®と互換性あり 

利便性を高めるために、OPUS®カラムにプレパックされています。

Repligenは、ISO 9001品質管理システムに基づいて、バイオ医薬品業界向けの製品を開発・製造しています。高品質で安定した、堅牢な製品をタイムリーに提供し、お客様の事業継続性を保証することを重視しています。

Repligenの製造拠点に関する詳細

高い動的結合容量

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂は、標準的なプロセス流量、滞留時間で高い動的結合能力を発揮します。

ヒトポリクローナルIgGの動的結合容量は、0.5~6分の範囲の滞留時間を作る4つの異なる流速下にて決定しました。PBS(pH 7.4)中2 mg/ml hIgG溶液を5 x 50 mmのカラムにロードしました。容量は、2、5、10%のブレークスルーで決定、報告されました。カラムベッド高さ10〜20cm、200 cm/hrでロードした場合、6〜12分の滞留時間が得られます。

CaptivA®の結合容量

滅菌の安定性

CaptivA®の滅菌の安定性

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂は、標準的な供給流の汚染物質を減少させる厳しい洗浄条件にさらされても、望ましい動的結合能力を維持します。CaptivA®組換えProtein A付着メカニズムは、リガンドとアガロースビーズの間に複数の共有結合点を生成し、単一点付着特性と比較して優れた耐アルカリ性を実現します。

ヒトポリクローナルIgG動的結合容量は、0.1N NaOHへの暴露後に測定されました。PBS(pH 7.4)中2 mg/ml hIgG溶液を5 x 50 mmのカラムにロードしました。ロードでの滞留時間は3分でした。容量は、2%のブレークスルーで決定、報告されました。溶出後、カラムは0.1 N NaOHに5時間さらされました。これを5回繰り返しました。25時間の暴露は、100 x 15分のCIPサイクルになります。

Protein Aの浸出を抑制

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂のマルチポイントプロテインケミストリーで、Protein Aの浸出を常に抑えることができます。

ヒトポリクローナルIgG結合容量は、各カラムサイクルの後に決定されました。追加のグリシン(pH 3.0)溶出バッファー、または0.1N NaOHに15分間浸し、サイクル間クリーニングを行いました。Repligen Protein A ELISAキットを使用して、各サイクルの生成物溶出プールからProtein Aの浸出量を測定しました。

Protein A ELISAキットについて

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂

優れた費用対効果

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂は、現在入手可能な最も費用効果の高いクロマトグラフィー樹脂で、特にOPUS®クロマトグラフィーカラムにプレパックした場合、従来のアフィニティ樹脂の数分の1のコストで業界標準の性能を発揮します。

CaptivA_savings.jpg

CaptivA®アフィニティ樹脂をOPUS®カラムに充填

CaptivA®アフィニティ樹脂がプレパックされたOPUS®カラム

CaptivA® Protein Aアフィニティ樹脂は、OPUS®クロマトグラフィーカラムにプレパックされており、CaptivA®樹脂の優れたプロセス経済性と、OPUS®カラムのすぐに使用できる便利さと柔軟なカラムサイズオプションが組み合わされています。

OPUS®プレパックカラムについて