サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

固定化Protein A樹脂(IPA)

Repligenの固定化Protein A樹脂は良好な特性を持ち、業界に受け入れられてきました。

IPA 300SおよびIPA 300 Protein Aアフィニティ樹脂

固定化Protein A

IPA 300S

IPA 300Sは、Repligenの従来製品であるProtein Aアフィニティ樹脂で、抗体治療薬の商業生産プロセスで使用されています。この樹脂は、ベンチスケール実験や免疫沈降(IP)法にも使用できます。IPA 300Sは、アガロースビーズに固定化されたRepligenのsrPA50リガンドを組み込んでいます。

IPA 300

正式な廃止の通知により、2016年6月23日に製造を中止しました。

今後のIPA300の注文はすべて、同等製品であるIPA300Sに置き換えてください。

IPA 400HC Protein Aアフィニティ樹脂

IPA 400HC 

IPA 400HCは、IPA 300の結合容量、直線流量容量2倍のより性能の高いProtein A樹脂です。この樹脂は、ベンチ規模から商業規模までの、治療用および診断用抗体の製造で使用できます。IPA 400HCは、動物質を含まない組換えProtein Aリガンド、srPA50を組み込み、高度に架橋されたアガロースビードに固定されています。

固定化Protein A

Repligenは、ISO 9001品質管理システムに基づいて、バイオ医薬品業界向けの製品を開発・製造しています。高品質で安定した、堅牢な製品をタイムリーに提供し、お客様の事業継続性を保証することを重視しています。

Repligenの製造拠点に関する詳細