サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

リーダーシップ

弊社の使命は、世界中の人間の健康を改善する生物製剤の製造における信頼できるパートナーとして、バイオプロセシングの進歩をインスパイアすることです。コストとプロセス効率を重視し、バイオプロセシングにおける新たな標準を作る手助けとなる革新的な技術とソリューションをお届けします。

役員

Tony J. Hunt

社長、最高経営責任者

Tony J. Huntは当社社長兼CEOに任命され、 Tony-Hunt-yin-sized.jpg弊社の社長兼CEOに任命されたTony J. Huntは、2015年5月から取締役を務めています。Repligenには2014年5月、COO(最高執行責任者)として入社し、販売・製造業務の監督を行っていました。Repligenに入社する前は、2014年にThermo Fisher Scientificが買収したグローバルライフサイエンス企業、Life Technologiesのバイオプロダクション部門のトップを務めていました。Life Technologiesに彼が入社したのは2008年のことです。2011年にバイオプロダクション部門のトップに就任するまでは、バイオプロダクションクロマトグラフィー部門、およびファーマアナリティクス部門のゼネラルマネージャーを務めていました。2000年から2008年まで、ファーマプログラムのシニアディレクターとしてApplied Biosystemsに配属され、ここでファーマアナリティクス事業を立ち上げました。この事業は2008年にLife Technologiesのバイオプロダクションプラットフォームの一部となりました。彼は、アイルランド国立大学ゴールウェイ校で微生物学の学士号とバイオテクノロジーの修士号を、ボストン大学経営大学院で経営学修士号を取得しています。彼は、バイオプロセシング市場についての深い知識を取締役会にもたらしてくれます。

Jon K. Snodgres

最高財務責任者

Jon K. Snodgres は、2014年7月に最高財務責任者(CFO)としてRepligenに入社しました。 Jon-Snodgres-yin-sized.jpg現在当社の財務業務を統括しています。医療機器メーカーのMaquet Cardiovascular社で5年間CFOを務めた経験があります。Maquet社では、社の財務諸表の作成と監督を担当したほか、成長計画や利益改善戦略の中心的な役割を担っていました。それ以前は、ライフサイエンス企業のThermo Fisher Scientific社で8年間、さまざまな職務に就き、直近ではLaboratory Products Groupの財務担当副社長を務めました。財務のキャリアをスタートさせたのは、AlliedSignal/Honeywell International社です。ノーザンアリゾナ大学で経営管理、金融の学士号を取得しています。

Ralf Kuriyel

上級副社長、研究開発担当

Ralf Kuriyel joined Repligen in October 2016 as our Senior Vice President, Research Ralf-Kuriyel-yin-sized.jpgand Development where he oversees the Company’s research and development efforts. Mr. Kuriyel was previously Vice President of Applications for the single-use business unit within the Life Sciences division of Pall Corporation, whose acquisition by Danaher Corporation was completed in August 2015. At Pall, Mr. Kuriyel served as Vice President of R&D, Field Applications and Process Development Services from November 2014 to October 2016. In addition, Mr. Kuriyel served as Vice President, Applications R&D at Pall from November 2011 to November 2014. Mr. Kuriyel received a B.S. and M.S. in Chemical Engineering from Rensselaer Polytechnic Institute and has completed his coursework for the Tufts University Ph.D. program in  chemical Engineering. He is an inventor of multiple patents and has co-authored over 30 scientific publications on bioprocessing, including separations technologies, membrane separations methods, protein processing and enhanced microfiltration techniques.
 

部門別リーダー

Gautam Choudhary

副社長、システム、オートメーション担当

Gautam_Choudhary2.jpgGautam Choudharyは2018年11月にバイオプロセスシステムおよびオートメーション部門の副社長兼ゼネラルマネージャーとしてRepligenに入社しました。TFFシステムのインフラ構築と戦略開発、連続生産のワークフローの推進を担当しています。Repligenに入社する前は、Lonza社で戦略的・運営的プロジェクトをサポートし、バイオサイエンスソリューションの細胞・遺伝子治療の市場投入戦略の開発に携わっていました。それ以前は、Life Technologies/Thermo Fisher社に12年間在籍し、バイオプロダクション向け細胞培養(Gibco)ビジネスをけん引してきました。さらにそれ以前は、アジアとヨーロッパに展開するMillipore社で、ろ過、クロマトグラフィー、システムビジネスをサポートする技術的および商業的な職務をいくつか経験しています。Choudhary氏はイギリスのリーズ大学で機械工学の学士号とマーケティングのMBAを取得しています。

Steve Curran

副社長、グローバルオペレーション担当

2015年にRepligenに入社する前、Steve CurranはLife Technologies/Thermo Fisher Scientificでsteve-curran-yin-sized.jpg グローバルネットワークリーダーを務めていました。過去10年間で、Curranは世界中、複数のサイトにおけるグローバル遺伝子分析およびクロマトグラフィーの消耗品オペレーションを管理し、リーン手法を利用した高効率オペレーションを構築し、品質システムをアップグレードしました。彼はまた、厳しい規制要件を満たす2つの複数製品プラントの設計、建設、委託を主導しました。この職務に就く前は、バイオテクノロジー業界で15年間、開発エンジニアとしてさまざまなリーダーシップを発揮し、製品輸送、プロセスのスケールアップ、検証などの役割を担っていました。彼は、マサチューセッツ州ウースターのウースター工科大学にて、化学工学の学士号を取得しています。

Ken Elmer

グローバルリーダー、人事担当

Ken Elmerは、2016年11月にRepligenに入社しました。彼は、プロフェッショナルサービス業界、ITサービス、技術コンサルティング、経営コンサルティング分野における30年以上のken-elmer-yin-sized.jpg 経験を有しています。Kenは、複数の国で、製造業、保険業、金融サービス、ライフサイエンス、流通、通信など、さまざまな業界の急成長する起業家精神にあふれた企業で仕事をしてきました。直近では、KenはグローバルなSAPサービスプロバイダ、Attune Consultingの最高人事責任者でした。それ以前は、運用管理コンサルティング会社のCelerant Consultingで人事担当上級副社長を務めていました。彼が以前に務めたリーダーシップのポジションには、GlassHouse Technologiesの人事担当副社長、Viant Corporationの最高人事責任者、Cambridge Technology Partnersの人事担当副社長があります。Cambridge Technology Partnersでは、アイルランドとスイスの両方での事業立ち上げを含め、9年間に渡って多数のポジションとリーダーシップの役割を果たしました。

Christine Gebski

Senior Vice President, Filtration and Chromatography

2015年にRepligenに入社する前、Christine Gebskiは Applied Biosystems/LIFE Technologies/Thermo Fisher Scientificのバイオプロダクション部門でchristine-gebski-yin-sized.jpgPOROS®ビジネスユニットの責任者を務め、 POROS®やCaptureSelect®クロマトグラフィー樹脂などの精製製品を扱っていました。彼女はGlobal Process Chromatography Applicationsを10年間管轄し、販促資料を開発して技術サポートを提供し、新製品の開発と製造プロセス改善の取り組みをサポートしました。彼女はまた、研究開発部門を管轄し、3つの新しいクロマトグラフィー樹脂を開発、商品化しました。LIFE Technologiesに入社する前は、バイオテクノロジー業界で15年間プロセス開発科学者として、ダウンストリームの精製プロセスの開発、スケーリング、輸送、検証など、開発およびエンジニアリング面の両方で役割を果たしていました。バーモント大学で生物学の学士号を、マサチューセッツ大学ローウェル校でバイオテクノロジーの修士号を取得しています。

Rachel Goodrich

副社長、マーケティング担当

Rachel Goodrichは2017年3月に入社後、マーケティング担当副社長に就任しました。rachel-goodrich-yin-sized.jpg Repligen in January 2015. She rebranded Repligen as a bioprocessing company, developed and launched the Repligen website, implemented high ROI tools from online Marketing-On-Demand to global technical roadshows, building out an organization covering strategic marketing, digital marketing, creative design and marketing communications.  Prior to joining Repligen, she was Market Development Leader for the Bioproduction Division of LIFE Technologies/ Thermo Fisher Scientific/ Applied Biosystems, responsible for global market development and marketing programs for four franchise business units, and was the recipient of numerous Marketing Excellence Awards. She holds a Bachelor's degree in Economics from the University of the Philippines, a Master's Degree in Economics, a Master's Degree in Education and completed all course work for a Ph.D. in Economics from Stanford University.

Vikas Gupta

Vice President, Chromatography

Vikas Guptaは、2016年3月に事業開発・戦略担当の副社長としてVikas Gupta Repligenに入社しました。Repligenへの入社前は、GE Life Sciencesにて2012年から2015年まで、エンタープライズソリューション&サービスビジネスとシングルユースおよびフィルタリングポートフォリオを管理する商業的リーダーシップの役割を担っていました。GEへの入社前は、Millipreで2004年から2011年まで、ビジネス開発、製品管理の役割を担い、Mobiusのシングルユースバイオプロセシングビジネスの初期の成長に貢献しました。彼は、抽出物と浸出物の影響を評価する際のリスクベースのアプローチ、および使い捨て用品廃棄での持続可能性の取り組みにおける、初期の旗振り役の1人です。化学工学の学士号とMBAをインドで取得し、マサチューセッツ州ウォルサムのベントレー大学で金融の修士号を取得しています。

Craig Harrison

Senior Vice President, Analytics

Craig_Harrison.jpgBefore joining Repligen in 2019, Craig Harrison served as the President and Founder of C Technologies, Inc. for over 35 years. Craig and his team worked closely with a wide range of industries to deliver fiber optic assemblies, instrumentation, and systems for spectroscopy applications that were designed and manufactured in-house. In 2008, he launched the SoloVPE® System that uses Slope Spectroscopy® that has become the standard for concentration measurement in the biotech industry. Craig leverages his background in business development and fiber optics in his current role at Repligen, where he focuses on Analytics. He holds a Bachelor’s degree in Economics from the University of Rochester.

Anthony MacDonald

Senior Vice President, Filtration

Anthony_Macdonald_yin.jpg

Tony MacDonald joined Repligen in June 2017, through the acquisition of Spectrum, Inc. where he served as President beginning in 2004. Previously, he worked at Pall Corporation as the Vice President of Sales and Marketing for the Life Science TFF products division until 2000. After Pall, Mr. MacDonald was the Vice President of Sales and Marketing for SolmeteX, where he refocused the company from an R&D company into a commercial success. He brings many years of experience in the sale and marketing of filtration and separations products.

Maria Nieradka

Vice President, Business Operations

Maria Nieradka_20200810_web.jpgMaria Nieradka joined Repligen in September 2019 as Vice President of Business Operations to implement programs and processes to build leading edge capability across Business Units, R&D and Operations.  Prior to joining Repligen, Maria held leadership roles of Senior Vice President and Vice President in multiple Fortune 500 Pharmaceutical and Bio Tech companies, including Bristol-Myers Squibb, Johnson and Johnson, Merck and Biogen.  Over the past 35 years, Maria successfully launched over 30 new products, led merger and acquisition activities for 5 large mergers and implemented 4 Enterprise Resource Planning systems.  Most recently, Maria was SVP of Business Development Integration and SVP of Global Supply Chain for Biogen from 2013 to 2019, where she led transformational programs and built capability to enhance customer service and double the growth of the company.  Maria sponsors Diversity and Inclusion initiatives and serves on the Advisory Board for AWESOME, a non-profit organization focused on achieving women’s excellence in supply chain operations, management and education and as a Board Member of Harvard Kennedy Women’s Leadership Board.  She holds Bachelor’s Degrees in Industrial Engineering and English from Rutgers College of Engineering and Douglass College and an MBA in Pharmaceutical/Chemical Studies from Fairleigh Dickinson University.

Kola Otitoju

Senior Vice President, Strategy and Business Development

Kola_Otitoju_C_20200810_web.jpgKola Otitoju joined Repligen in 2020 as Senior Vice President of Strategy and Business Development. He is responsible for leading the development and execution of the Repligen growth strategy including partnerships, licensing, investments and mergers and acquisitions. Mr. Otitoju brings a wealth of experience in strategic planning and execution having led multiple transactions in excess of $100BN through his tenures in Investment Banking M&A at Credit Suisse and Banc of America Securities (8 years), large publicly traded corporations including Baxter and GE Healthcare (6 years), and private equity-backed companies like Candela Medical with Apax Partners (3 years). He also brings a strong technical background having been an Electrical Engineer earlier in his career. Mr. Otitoju has Masters Degrees in Business Administration from Harvard Business School and Electrical Engineering from Cornell University, in addition to a Bachelor's Degree in Information Systems Engineering from Imperial College London.

Gustav Silfversparre

Vice President, Operations - Europe

Gustav Silfversparreは、Gustav Silfversparre 2013 and is managing Repligen manufacturing sites in Europe. Before coming to Repligen, Mr. Silfversparre was Operations Director at Novozymes Biopharma AB, which was acquired by Repligen in December 2011. Between 2008-2010, Mr. Silfversparre was Head of Biopharma Coordination, a global project and production coordination function for the biopharma area within Novozymes.From 2002 to 2008, Mr. Silfversparre was Head of the Development Department at Novozymes Biopharma AB. Mr. Silfversparre received a Tech. Lic. Biotechnology at Royal Institute of Technology and M.Sc. Chemical Engineering at the Faculty of Engineering, Lund University. 

Stephen Tingley

Vice President, Global Sales

イギリスのリーズ大学の卒業生であるStephen TingleyはStephen Tingley25年以上にわたり、バイオプロセス産業への貢献者として認められています。GSKに務めたのち、Milliporeに入社し、無菌、ダウンストリームプロセスの専門知識を開拓し、共有しました。Milliporeでは、シングルユーステクノロジーの開発、導入における初期の旗振り役として認められました。彼には、アップストリームプロセス開発のための超並列マイクロバイオリアクターシステムやマルチカラムクロマトグラフィーなどの先進技術を商業化した経験があります。最近では、OPUS®プレパックカラムシリーズを開発した、Repligenの使い捨てクロマトグラフィーチームを率いています。 

取締役会

すべて展開

Karen-Dawes.jpg

取締役会長のKaren A. Dawesは、2005年9月からRepligenの取締役を務めています。現在は経営コンサルティング会社であるKnowledgeable Decisions, LLCの社長に就任しています。1999年から2003年まで、Bayer社の米国医薬品グループの上級副社長兼米国事業グループ長を務めました。Bayer社に入社する前は、製薬会社Wyeth社(旧American Home Products社)のグローバル戦略マーケティング担当上級副社長として、世界的な戦略的マーケティングを担当していました。また、1997年1月にWyeth社に買収されたGenetics Institute社の商業運用担当副社長を務め、BeneFIX®とNeumega®の発売に向けた初期の商業化戦略の立案と実施を担当しました。Pfizer社で製薬業界でのキャリアをスタートさせ、1984年から1994年まで数多くのマーケティング職を歴任し、直近ではPratt部門のマーケティング担当副社長を務めています。Pfizer社では、Glucotrol®/Glucotrol XL®、Zoloft®、Cardura®の発売を指揮しました。また、Assertio Therapeutics社とMedicines360社の取締役も務めています。シモンズカレッジで英語の学士号と修士号を、ハーバード大学ビジネススクールで経営学修士号を取得しています。製薬会社の経営者として、またコンサルティングとしての豊富な戦略的経験を有しており、商業面でも豊富な経験を有していることから、当社の取締役に就任するにふさわしい人物です。

Nicolas Barthelemy.jpgNicolas M. Barthelemyは2014年6月からRepligenの取締役を務めています。この業界での経験は25年以上にわたります。2014年9月から2017年2月まで、分子診断企業であるbioTheranostics社の代表取締役社長兼CEOを務めていました。bioTheranostics社に勤める以前は、2014年2月にThermo Fisher Scientific社に買収されたLife Technologies社のGlobal Commercial Operationsの社長を務めていました。Life Technologies社への入社前は、Biogen社に8年間勤務し、直近ではリサーチトライアングルパークの製造組織の製造担当副社長兼ゼネラルマネージャーを務めていました。Merck & Co.社では、ワクチン技術のシニアプロジェクトエンジニアとしてキャリアをスタートさせました。現在、Fluidigm社、908 Devices社、Biocare Medical社の取締役を務めています。カリフォルニア大学バークレー校で化学工学の修士号を、パリ市立工業物理化学高等専門大学で工学の学位を取得しています。バイオプロセス分野での大規模な生物製剤の製造や、バイオプロセスで使用される消耗品の商業化などの豊富な経験を持ち、当社の取締役に就任するにふさわしい人物です。

carrie_ellington_manner.jpgMs. Eglinton Manner has served as a director of Repligen since June 2020. She brings to the director role over 23 years of leadership experience across multiple disciplines. Ms. Eglinton Manner currently serves as Senior Vice President, Advanced Diagnostics at Quest Diagnostics, which she joined in 2017. Prior to Quest, Ms. Eglinton Manner held various roles of increasing scope and responsibility over a period of 20 years at GE Healthcare. From 2009 through 2016, she served as President & CEO of four distinct GE Healthcare global businesses in the areas of diagnostic imaging, lab services and medical devices, ranging in size from approximately $150 million to $3 billion in revenue. In her role at Quest Diagnostics, Ms. Eglinton Manner is responsible for growing the company’s nearly $2 billion genetic and molecular diagnostics portfolio, through innovation in specialty genetic offerings and services, productivity programs, key strategic alliances, and acquisitions. In addition to joining the Repligen board, Ms. Eglinton Manner serves as board director for the not-for-profit Thrive Networks, focused on advancing women and transforming health in underserved communities. Ms. Eglinton Manner holds a Bachelor of Science degree in Mechanical Engineering from the University of Notre Dame. Ms. Eglinton Manner’s qualifications to sit on the Repligen’s Board of Directors include her track record of delivering business expansion and profitability for rapidly growing global businesses, including her experience with integrating acquisitions and building operations excellence, with a commitment to quality and process improvements.

Tony-square.jpgTony J. Huntは当社社長兼CEOに任命され、2015年5月より取締役を務めています。Repligenには2014年5月、COO(最高執行責任者)として入社し、販売・製造業務の監督を任されました。Repligenに入社する前は、2014年にThermo Fisher Scientific社が買収した、グローバルライフサイエンス企業であるLife Technologies社のバイオプロダクション部門長を務めていました。Life Technologies社に彼が入社したのは2008年のことでした。2011年にバイオプロダクション部門長に就任するまでは、Bioproduction ChromatographyおよびPharma Analytics部門のゼネラルマネージャーを務めていました。2000年から2008年まで、Pharma Programs社のシニアディレクターとしてApplied Biosystems社に配属され、ここでPharma Analytics事業を立ち上げました。この事業は2008年にLife Technologies社のバイオプロダクションプラットフォームの一部となりました。アイルランド国立大学ゴールウェイ校で微生物学の学士号と
バイオテクノロジーの修士号を、ボストン大学経営大学院で経営学修士号を取得しています。彼はバイオプロセッシング市場についての深い知識を取締役会にもたらしてくれます。

Rohin-Mhatre-picture.pngRohin Mhatre, Ph.D. was appointed to the Board in March 2020. Dr. Mhatre brings over 25 years of relevant experience to the director role, including his current position since January 2017, as Senior Vice President of Pharmaceutical Development, Engineering and Technology at Biogen. He has held numerous other roles of increasing responsibility within Biogen, which he joined in 1996, including six years as Vice President of Biopharmaceutical Development, where he led a 300-member team responsible for cell line, cell culture, purification and device development. Earlier in Dr. Mhatre’s career at Biogen, he focused on building out analytical development and technical services. Prior to Biogen, Dr. Mhatre led the purification and applications group at Applied BioSystems (formerly Perspective Biosystems). Dr. Mhatre holds a Ph.D.in Chemistry from Northeastern University. Dr Mhatre’s qualifications to sit on the Company’s Board of Directors include his extensive technical expertise, his leadership abilities and his deep understanding of the dependencies between biological drug development and efficient manufacturing workflows.

Glenn_Muir.jpgGlenn P. Muirは2015年10月よりRepligenのディレクターを務めています。ディレクター職の経験は30年を超えます。そのうち26年は大手多国籍医療機器および診断会社であるHologic社に勤めており、直近ではCFO兼エグゼクティブ副社長を務めました。Hologic社を2014年5月に退職し、ベンチャーバックの単一製品メーカーから、多様な製品を扱う従業員5,000名、収益2.5億ドルの上場企業へと発展するための一助となりました。Hologic社に入社したのは1988年で、1992年からCFO、2000年からエグゼクティブ副社長を務めました。Hologic社に入社する前は、1986年から1988年まで、民間企業であるMetallon Engineered Materials社に財務担当副社長として在籍していました。それ以前の1981年から1984年までは、Arthur Andersen & Co.の上級監査担当を務めていました。また、医療テクノロジー企業Neuronetics, Inc.およびライフサイエンス企業G1 Therapeutics社の取締役を務めています。2014年7月から2017年12月までは、ReWalk Robotics社の取締役を務めていました。公認会計士の資格を持ち、マサチューセッツ大学アマースト校で経営学の学士号を取得しています。また、ベントレー大学で修士号、ハーバード大学でMBAを取得しています。戦略的買収の統合や、グローバルな製造・商業組織の財務運営を主導してきた豊富な経験が買われて、Repligenの取締役に就任しています。

Tom_Ryan.jpgThomas F. Ryan Jr. has served as a director of Repligen since September 2003. Mr. Ryan is currently an investor in various private companies. Mr. Ryan served as the President and Chief Operating Officer of the American Stock Exchange from October 1995 to April 1999. Prior to 1995, he held a variety of positions at the investment banking firm of Kidder, Peabody & Co., Inc., serving as the firm’s Chairman in 1995. He holds a B.A. from Boston College and is a graduate of the Boston Latin School. Mr. Ryan is a director for the New York State Independent System Operator and a director for BNY Mellon Asset Management Mutual Funds Board. Mr. Ryan’s qualifications to sit on the Company’s Board of Directors include his years of experience in the areas of securities trading and investment banking.

Scientific Advisory Board

すべて展開

Richard D. Braatzは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のEdwin R. Gilliland教授で、高度な製造システムのプロセスデータ解析、設計、制御の研究を行っています。カリフォルニア工科大学で修士号と博士号を取得し、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のミレニアムチェアと教授、ハーバード大学の客員研究員を経て、マサチューセッツ工科大学(MIT)に移りました。Merck社、Novartis社、Pfizer社、Amgen社、Biogen社、Bristol-Myers Squibb社など、30社以上の企業とコンサルティングやコラボレーションを行ってきました。全米工学アカデミー会員です。

Charles L. Cooneyは、Robert T. Haslam(1911)化学・生化学工学教授、マサチューセッツ工科大学化学工学科名誉教授、マサチューセッツ工科大学デシュパンデ技術革新センター名誉所長です。ペンシルバニア大学で化学工学の理学士号を取得し、MITで生化学工学のSM(科学マスター)と博士号を取得。MITの教員としてキャリアを積んできました。プロセス設計、アップストリームおよびダウンストリームバイオプロセス開発、医薬品・バイオ製品の製造を得意としています。Cooney教授は、さまざまなバイオテクノロジー企業や製薬会社のコンサルタントや役員を務め、Repligenの科学諮問委員会の会長を務めています。

Cramer博士はレンセラー工科大学のWilliam Weightman Walker Processorであり、複雑な生物学的産物の分離や、そのバイオマニュファクチャリングを可能にするためのクロマトグラフィー材料、プロセス、予測ツールの開発に貢献したことで知られています。また、このような分離システムにおいてユニークな選択性を生み出す相互作用の分子理解にも多大な貢献をしてきました。現在、彼の研究室では、タンパク質の結合親和性の予測とクロマトグラフィーシステムのマルチスケールモデリング、効率的な抗体およびバイスペシフィック抗体分離システムの開発、マルチモーダルクロマトグラフィーの基礎研究、親和性ペプチド設計のためのマルチレベル自動ペプチド合成/スクリーニングシステム、スマートバイオポリマー親和性沈殿システム、タンパク質と表面、リガンドおよびタンパク質との相互作用の生物物理学、プロセスHCPの効果的な除去のためのプラットフォーム戦略、統合された半連続バイオマニュファクチャリングプロセスなど、タンパク質と表面の相互作用に関連するいくつかの分野の研究を行っています。『Separation Science and Technology』誌の編集者を20年間務め、Alan S. Michaels Award for the Recovery of Biological Products(ACS Division of Biochemical Technology)、ACS National Award in Separation Science and Technologyを受賞しています。また、レンセラー工科大学の優秀教員賞、工学部優秀教授賞、研究優秀賞も受賞しています。Cramer博士は、米国科学振興協会、米国化学技術者協会、米国化学会、米国医学生物工学研究所のフェローに選出されています。 

Before joining Codiak, Konstantin Konstantinov was responsible for the late-stage bioprocess and technology development at Sanofi’s Boston Hub, including all functions, from cell banking to fill/finish/lyophilization. Prior to Sanofi, Dr. Konstantinov worked for Bayer in Berkeley, California for 14 years, advancing to the position of Head of Process Sciences. He has published 60 peer reviewed papers and has more than 15 patents and patent applications. During the last 23 years, Dr. Konstantinov has worked on the development and commercialization of various products, including monoclonal antibodies, blood factors and enzymes expressed in mammalian cells. Most recently, he has pioneered the development of an end-to-end integrated continuous biomanufacturing platform, which is becoming a strategic technological trend for the biomanufacturing industry worldwide. Dr. Konstantinov received his Ph.D. in Biochemical Engineering from Osaka University, Japan, which was followed by a post-doctoral assignment at DuPont and the University of Delaware.

J. Christopher Loveは化学工学におけるRaymond A.(1921)and Helen E. St. Laurent Professorであり、MITのコッホ研究所の統合的癌研究のメンバーでもあります。また、Eli and Edythe L. Broad Institute、およびRagon Institute of MGH, MIT and Harvardのアソシエイトメンバーでもあります。Love教授は、2004年にハーバード大学で物理化学の博士号を取得しました。2004年から2005年までハーバード大学医学部、2005年から2007年まで免疫疾患研究所で免疫学の研究を広げました。彼の研究の中心は、慢性的なヒト疾患の臨床サンプルから細胞をモニターするためのシンプルなマイクロシステムの使用と、生物学的製剤やワクチンを効率的かつ安価に製造するための新しいアプローチの開発です。Love教授は、2009年にはDana Scholar for Human ImmunologyとKeck Distinguished Young Scholar in Medical Researchに選ばれ、2010年には『Popular Science』誌のBrilliant 10の1人に選ばれ、さらにCamille Dreyfus Teacher-Solarにも選ばれました。MITでは、バイオ医薬品やワクチンの新しい製造ホストを推進する、ユニークなMITと業界のパートナーシップであるオルタナティブホストコンソーシアムのディレクターを務めています。以前は、Biogen社のDistinguished Engineer in Residence(2015~2016年)を務めていました。また、MITでの彼の研究室の技術を基にした3つの新興企業(Honeycomb社、OneCyte社、Sunflower社)を含む、複数のバイオテクノロジーおよびバイオ医薬品企業のコンサルティングも行っています。