サポートされていないブラウザが使用されています。
このサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。最適なユーザーエクスペリエンスを得るために、このサイトはChrome、Firefox、Safari、またはEdgeで表示してください。

Repligen launches new  XCell ATF® 0.5L scale-down process intensification system

Designed for simplicity and engineered for precision, the new XCell™ Lab System integrates a modernized controller, intuitive software, and monitoring devices.

 

slide

THE-R-FACTOR_Horizontal-Icon_Gray02_VideoBlog-03.png

NGL COVID-19 Spike Protein Affinity Resin for the

purification of covid-19 vaccines

Icon_NEW.jpgRepligen introduces novel affinity resin for the purification of the SARS CoV-2 Spike Protein for vaccine development and manufacturing. NGL COVID-19 Spike Protein Affinity Resin binds the SARS-CoV-2 Spike Protein receptor binding domain (RBD) to yield exceptional purity in a single chromatography step. The resin is available in off-the shelf, pre-packed and pre-qualified OPUS® Columns for rapid implementation as well as in loose resin formats.

About NGL COVID-19 Spike Protein Affinity Resin                                    REquest a sample

COVID-19のためのソリューション

遺伝子から治療までのRepligenのソリューション

ARTeSYN®とRepligenが1つになりました

RepligenとARTeSYNは協働で、最高クラスのシングルユースバイオプロセシングシステムと業界最高のろ過およびクロマトグラフィーソリューションを提供します。

  • シングルユースTFFシステム
  • シングルユースウイルスろ過システム
  • シングルユース最終ろ過およびバルク充填システム
  • シングルユースクロマトグラフィーシステム

ARTeSYNについて

 Repligenの新着情報

Icon_NEW.jpgSolve the Intensification Puzzle - Faster

KrosFlo® KTF System for 

Tangential Flow Filtration

With sizes ranging up to 5000L, Repligen KrosFlo® KTF Systems for tangential flow filtration (TFF) set the standard for configurable, premium quality systems for modern bioprocessing. 

仕組みを見る

 

OPUS®でスケールアップ: OPUS® 80R

 

OPUS® 80Rは、10キログラムを超えるタンパク質の精製が1サイクルで可能になる、世界初かつ唯一のプレパックカラムです。

OPUS®プレパッククロマトグラフィーカラムは、媒体の選択、用途、サイズにおける比類なき柔軟性を提供しています。OPUS®カラムは、現在利用可能な最先端のプレパッククロマトグラフィーカラムテクノロジーを適用したものです。このカラムは、従来のセルフパックカラムに代わる、すぐに使用可能な製品となっています。

目的に合わせてカラムを構成する

Walkaway TFFオートメーション

KrosFlo® KR2i with Konduit

ラボスケールのプロセス開発のための、実績のあるターンキーベンチトップシステム、KrosFlo® KR2iタンジェンシャルフローフィルトレーション(TFF)システムは、完全一体型で使いやすく、Walkawayの自動化を備えています。

  • 容量2 ml~15 L
  • ろ過面積13 cm2~5000 cm2

高い生産性を実現

High Productivity Harvest(HPH)は、Repligenが新たに開発した新しいアプリケーションです。フェッドバッチバイオリアクターでの完全な無菌状態での採取が可能となります。採取/クラリフィケーションで通常行われる、遠心分離とデプスフィルトレーションの両方を省略できます。HPHアプリケーションは、XCell ATF® デバイスを使用する、シングルステージのクローズドプロセスであり、以下を提供します。

  • より高い収量(従来の採取技術と比較した場合)

  • タンパク質生産量が最大で2倍に

  • バッチ、連続クロマトグラフィー用の0.2 µmクラリフィケーション済み採取

「お客様第一主義、それが弊社の企業遺伝子に間違いなく組み込まれています。お客様が何をしているのか、何が必要なのか、何が問題なのか、それらの情報が弊社の仕事のあらゆる側面に影響を与えます。」

Tony Hunt、社長兼CEO        

REpligenチームの一員になる

Repligenのオフィス、施設は複数の拠点に位置します。Repligenは、成長を続けるチームに加わる、スマートで、意欲的で、熱心な個人を常に探しています。

募集中の職種を見る

投資家向けニュース

その他のニュースを見る